2491 バリューコマースの業績について考察してみた

2491 バリューコマースの業績について考察してみた

PERAGARUアナリスト

四半期業績推移随時更新中

(単位:百万円) 決算期 売上 営業利益 営業利益率
FY2023.Q1 2023.03 7,685 1,488 19.36%
FY2023.Q2 2023.06 7,102 1,230 17.32%
FY2023.Q3 2023.09 6,964 1,149 16.5%
FY2023.Q4 2023.12 7,645 1,362 17.82%
(単位:百万円) 決算期 売上 営業利益 営業利益率
FY2017.Q1 2017.03 4,024 483 12%
FY2017.Q2 2017.06 3,960 416 10.51%
FY2017.Q3 2017.09 4,241 576 13.58%
FY2017.Q4 2017.12 4,664 748 16.04%
FY2018.Q1 2018.03 4,677 827 17.68%
FY2018.Q2 2018.06 4,949 871 17.6%
FY2018.Q3 2018.09 5,045 920 18.24%
FY2018.Q4 2018.12 6,093 1,137 18.66%
FY2019.Q1 2019.03 6,300 1,242 19.71%
FY2019.Q2 2019.06 6,013 1,130 18.79%
FY2019.Q3 2019.09 5,985 1,120 18.71%
FY2019.Q4 2019.12 7,396 1,461 19.75%
FY2020.Q1 2020.03 7,661 1,507 19.67%
FY2020.Q2 2020.06 6,863 1,477 21.52%
FY2020.Q3 2020.09 6,644 1,451 21.84%
FY2020.Q4 2020.12 8,003 1,783 22.28%
FY2021.Q1 2021.03 8,089 1,799 22.24%
FY2021.Q2 2021.06 8,024 1,902 23.7%
FY2021.Q3 2021.09 8,144 1,997 24.52%
FY2021.Q4 2021.12 9,303 2,207 23.72%
FY2022.Q1 2022.03 9,558 2,356 24.65%
FY2022.Q2 2022.06 8,714 2,090 23.98%
FY2022.Q3 2022.09 8,440 1,974 23.39%
FY2022.Q4 2022.12 8,996 1,829 20.33%
FY2023.Q1 2023.03 7,685 1,488 19.36%
FY2023.Q2 2023.06 7,102 1,230 17.32%
FY2023.Q3 2023.09 6,964 1,149 16.5%
FY2023.Q4 2023.12 7,645 1,362 17.82%

沿革

1996年3月トランズパシフィック有限会社を設立、レンタルサーバ・ホスティングサービス、ドメイン取得代行サービスを開始。1999年11月、バリューコマース株式会社へ商号変更、Eコマース対応マーケティングプログラム「バリューコマース アフィリエイト」開発、成果報酬型のインターネット広告配信業を開始。2005年4月、公開買い付けによりヤフー株式会社(現Zホールディングス株式会社)の持分法適用関連会社となる。2005年7月にYahoo!ショッピングへアフィリエイト提供開始、2006年11月にはクリック課金型広告「ストアマッチ」をYahoo!ショッピング内ストア向けに提供開始。2006年7月東証マザーズ上場、2012年11月同一部へ市場変更、現在は同プライム。成果報酬型広告の運用、販促ソリューションの提供などを事業とする

代表取締役の経歴

代表取締役社長の香川仁氏は1968年9月生まれ。2091年4月、アイダエンジニアリング株式会社入社。株式会社日刊工業新聞社勤務を経て、2003年10月にヤフー株式会社(現Zホールディングス株式会社)入社。2013年3月には同社副社長執行役員就任。2014年1月より現職

報告セグメント

2023年09月期 参照日時:2023/09/30

セグメント売上高(百万円)
マーケティングソリューションズ事業8,875
ECソリューションズ事業12,876

「マーケティングソリューションズ事業」、「ECソリューションズ事業」の2セグメントで構成され、双方が重要な柱。

事業モデル

マーケティングソリューションズ事業は成果報酬型広告を運営し、同プラットフォームには約1,000の広告主と75万以上のアフィリエイトサイトが参加。広告主には、アフィリエイトサイト経由で商品・サービスの購入や申込みが発生した場合のみ成果報酬として広告費が発生し、これが同社の収益源となる。一連のシステムの運営・管理・トラッキングを同社が行う。
ECソリューションズ事業では、クリック課金型広告「ストアマッチ」、CRMツール「ストアーズ・アールエイト」、ECサイト運営支援「ビースペース」などを運営。ストアマッチは、オンラインモールのストア向け及びストアが販売している商品のメーカー向けクリック課金型広告で、オンラインモール来訪者に対し検索結果ページ等の専用枠に広告を表示。ストアーズ・アールエイトは、顧客属性に応じた最適なクーポン等を表示し、商品購入を促す機能を果たす。ビースペースは、おすすめ商品やランキング、キャンペーンバナーなどの設置、レビューや購入情報の表示など、賑わいを演出することで購入意欲を刺激する効果を狙う。その他、ホテル・旅館の公式サイト内に設置するネット予約システムなども提供する。

公式ウェブサイト内「サービス」

競合他社

強み・弱み

Yahoo!との連携及びYahoo!ショッピングでの強みは安定した収益に貢献。EC市場全体の拡大も追い風。
一方、 Yahoo!ショッピングや大口広告主への依存度が高い点はリスク集中傾向。既に同業他社が複数存在する上、アフィリエイト関連事業は参入障壁が低いため、競争激化が潜在的リスクとして懸念される。

KPI

広告主数、アフィリエイトサイト数などが主要KPIと見られる。
・広告主数(2023年12月期第2四半期):751件(同第1四半期比▲2.8%)
・アフィリエイトサイト数(同上):779千件(同上▲0.1%)

2023年12月期 第2四半期決算説明資料 p.20

2491 バリューコマース
のオルタナティブデータあります

関連ありそうな記事