3186 ネクステージの業績について考察してみた

3186 ネクステージの業績について考察してみた

PERAGARUアナリスト

沿革

1998年12月に輸入車販売を目的に有限会社オートステージヒロタとして広田靖治氏によって愛知県尾張旭市北本地ヶ原にて設立された。2000年12月にオートステージ1号店(現UNIVERSE名東店)を名古屋市名東区にオープン。2013年9月に東証マザーズ上場、2015年1月に東証一部に市場変更を果たした。2019年4月には、輸入車専門店オートステージ全店をUNIVERSEへブランド統一を行った。中古車を中心に販売する中古車販売の大手で、マセラティなど高級外車の新車ディーラーも展開

株主構成

有価証券報告書によると2020年11月末時点の筆頭株主は、代表取締役社長CEO広田靖治氏の近親者とみられる広田貴子氏が代表を務める株式会社SMNで33.44%を保有、なお同氏は個人でも5.18%を保有し併せて38.62%の保有。ついでJPモルガン・チェース・バンクが7.72%、日本トラスティ信託口5.12%、以下は5%未満の保有で、国内外の信託銀行等の信託口や損害保険会社などが並ぶ。なお2021年6月1日更新のコーポレート・ガバナンス報告書によると外国人株式保有比率は20%以上30%未満である。

取締役会

取締役は8名(社内6名、社外2名)、監査役は3名(社内1名、社外2名)、監査役設置会社である。代表以外の社内取締役は実質的にプロパー入社が3名のほか、中古車販売のビッグモーター出身者が2名。

代表取締役の経歴

代表取締役社長CEO広田靖治氏は1973年7月生まれ。大学は卒業しておらず、定時制高校を中退したとみられる。1998年12月、25歳当時に同社を設立

報告セグメント

「自動車販売及びその付帯業務」の単一セグメント。2020年11月期の売上高は241,146百万円、営業利益は6,825百万円。現在開示はないが、2019年11月期の売上高構成比は中古車販売が69.25%、車両買取事業が15.19%、新車ディーラー事業が12.09%であった。尚、直近の2021年11月期第1四半期では、カテゴリ別として下記が開示されている。中古車販売が同社の中核事業である。

2021年11月期第1四半期 決算説明資料

事業モデル

自動車販売事業として中古車販売事業、新車販売事業、整備事業、保険代理店事業、自動車買取事業及び自動車出張買取事業、その他事業としてカーコーディング事業を行う。
中古車販売事業は、「総合店」とSUVカテゴリに特化した大型専門店「SUV LAND」、大型中古輸入専門店の「UNIVERSE」の3つを軸に店舗展開。「総合店」は約8年間といわれる中古車サイクルにおいて、車両の販売からその後の日常的なオイル交換や点検などの整備、乗換時の買取までをワンストップで提供できる体制を構築し、顧客との生涯取引を通じた高い収益性の店舗を実現。従来の中型店から転換を進めている。一方、「SUV LAND」や「UNIVERSE」は、従来型の中古車販売業界におけるカテゴリ特化戦略を重視した店舗展開。地域NO.1の品揃えを実現することによって集客を行い、「カテゴリ」に絞った社員教育で、より高い専門的知識を備えたスタッフが販売活動を行うことにより、高い成約率を実現。
新車販売事業は、「VOLVO」「JAGUAR・LAND ROVER」「MASERATI」「VOLKSWAGEN」「AUDI」の外車ディーラーを展開。新車だけでなく中古車も取り扱う。
整備事業は、車検や、オイル交換、自己修理などのサービスを提供し、顧客との接触機会を高めることに貢献する。
保険代理店事業は、損害保険会社の代理店として車両の販売時に自動車保険の新規獲得を行う。社内でコールセンターを抱え、アウトバンドで保険継続率、の向上を図る。整備同様、顧客との接点として生涯顧客の獲得に貢献する。
買取事業は、車両販売時の下取車の買取や、持ち込みによる買取、一括買取査定サイト経由の申込による出張買取への対応を行う。オークションに依存しない顧客からの直接仕入ルートを維持することで主力の中古車販売事業に貢献する。
その他事業として、連結子会社である株式会社ASAPでカーコーティングなどを行う。
店舗数は、2015年11月期の56軒から、2021年11月期第1四半期末146軒まで拡大。2019年11月期の130軒から、+16軒とコロナ禍にも積極的に店舗拡大してきたことが見てとれる。新卒採用を積極的に行う方針を示しており、従業員数は2015年11月期に646名、2020年11月期に3,009名、2021年4月の新卒社員は423名で、2022年4月の新卒計画は770名。
商材の車の性質上、ネット購入がまだ普及しておらず、人件費を割いて販売する必要性が高いビジネスモデル。2015年11月期から2020年11月期の営業利益率は2.0%〜2.9%となっている。他の業界と比較して変動費に対する固定費の割合が高く、事業拡大のためには営業利益率を落とさないように店舗数を拡大して適切な人材を配置する必要がある。
2021年11月期第1四半期 決算説明資料

競合他社

ガリバーのブランド名で店舗展開する7599IDOM(2021年2月期売上高380,564百万円)、7602カーチスホールディングス(2021年3月期売上高16,031百万円)、9856ケーユーホールディングス(同116,659百万円)、非上場では株式会社ビッグモーターなどが競合する。

連結の範囲

ASAP社、NEW社、Ai社の3社が連結子会社。ASAP社はカーコーティングを、NEW社、Ai社の2社は外車ディーラーを展開する。

強み・弱み

中古車販売事業における販売から乗り換えまでのサイクルにおいて、フルラインナップでサービス提供できる体制を構築していることが最大の強み。綺麗な店構えと路面認知を意識した出店、徹底した仕入管理によりお手頃な価格、高年式、低走行かつ豊富な品揃えを実現することにより集客を行い、徹底した社員教育と整備設備・サポート体制の充実によって高い成約率を実現し、販売後の定期連絡や定期点検を行うことにより高い信頼性と次への買替誘致までを一貫して行う。また、徹底した人材及び在庫の確保により、店舗数を拡大してきた高い成長性も同社の強みである。一方で、自動車業界の大きな変化の中で、EV化・電装化が進むことで電子機器化する部品の修理対応や、残価設定型クレジット販売への対応、シェアリングエコノミーなどへの対応の変化に柔軟に対応し収益機会を維持できるかは事業リスクである。

KPI

営業員を用いて「販売台数」を稼ぐビジネスモデルであることから、「店舗数」「従業員数」等の指標が主要なKPIとなる。
①販売台数
②店舗数
③従業員数

業績

売上高・営業利益共に、増税後影響や広告宣伝費が嵩んだ2014年11月期を除き、コロナ後も右肩上がりの成長を続けてきた。2016年11月期から2020年11月期までで売上高は2.7倍、営業利益は3.1倍。業容拡大中で、在庫確保もあり恒常的に営業CFはマイナスで、投資CFも新規出店のためマイナス。ただし、2020年11月期はコロナの影響もあり棚卸資産の減少を主因に営業CFはプラスであった。財務CFは借入や増資などの手法を組み合わせて調達超過での推移となっている。2021年11月期第1四半期の自己資本比率は33.3%であった。